日本人選手のゴールラッシュが凄い

この週末のサッカーは日本人選手のゴールラッシュが凄かったですね。

もう顔が自然にニコニコ顔になっちゃって直りません。

こんなゴールラッシュ、珍しいのではないでしょうか。

ブンデスリーガでは、香川選手、武藤選手、大迫選手

プレミアリーグでは、吉田選手

オランダリーグでは、堂安律選手

ベルギーリーグでは、久保裕也選手、森岡亮太選手

メキシコリーグでは、本田選手

と、8人ですか。

素晴らしいです。

一番好きなゴールは香川選手の素晴らしすぎるループシュートです。

何しろオーバメヤン選手が不調で決定的なシーンを2回くらい外して、結局この香川選手の得点が決勝点となりました。

その不調のオーバメヤン選手からパスを受けたヤルモレンコ選手が香川選手に短いパスを出すと、全く力みもなくふわりと浮かせてキーパーノーチャンスのループシュートを決めました。

ほんとに美しかったです。

なにしろあのゴール前の密集での落ち着きが凄かったです。

調子がいいんだな、っていうのが伝わってくる落ち着き振りでした。

DAZNの実況解説さんたちはゴール後のパフォーマンスでの投げキッスにえらく食い付いていましたが。

吉田選手はいつものヘディングゴールではなくて、なんと豪快なジャンピングボレーというのに笑ってしまいました。

何でやねん。DFやろ。

堂安律選手は、オランダでリーグ戦初得点となりました。

その前にカップ戦で1点取っているので、公式戦では2点目となりました。

とても今後が楽しみな選手です。

密かに応援しているので頑張って欲しいです。