スマイルの接客

レストランや一品屋様などに入ると明るくいらっしゃいませと笑顔で返してもらえる方もいれば、むすっとボソッと一礼して生じる方もいらっしゃる。そのお暖簾のレベルにも因るのかもしれませんが、最低限の観点エチケットというものはあると思います。たとえ旅館だろうがコンビニエンスストアだろうが含み笑いの一礼は最低限必要なものではないかと常々感じます。
観点として働いてる以上、客人を聞き入れる舞台であるのだからそのことを指しなくてはいけないのではと思います。爽やか観点をできると自然と有難うと言いたくなりますが、そっけない対応の乏しい観点をされると、なんなんだとツンとした仕業をとってしまう。その人の仕業でこちらの感じも変わってしまうので、観点って奥が深く恐ろしいなぁと感じます。