Twitterは、真面目にやったらつかれるもんだ。

つい最近、またツイッターを開始したのであるがこれがやり始めると結構返信があるかリツーイトがあるのか気になるものでしばらくは、やらなければいけない事をほっぽらかしにしてつぶやいていたわけであるが、案の定少し冷めてきた。これはブログを始めた、もしくは再開したときも同じことだったのだが熱中しやすく冷めやすい性格なのであろうか?ただ、このツイッターなるものの短い言葉に対して反応し、適切なリツイートや返信を返すためには相当な根気と文章を読む量が必要になる。

なぜならば、1つのつぶやきだけを返信するためには、その前後になにを発信しているのかを理解しなければだめなことが多いからである。その前提としてその先にリンクしてあるニュースや出来事、主張などを正確に読み取らないといけないからとにかく、それらを読んだり理解した後にはぐったり疲れるわけである。

ちょっとした軽い会話に相槌をうったり、ただいいねをクリックしたほうがいいのかもしれないがこういう妙なところにこだわってしまう性格を私が持っているのでしょうがない。時間を決めるか、回数を決めてあまりのめりこまない方がいいなと思ったわけである。ちなみにブログの場合は自分の思った事を書いているだけでそこまで疲労はなかったのだが・・・。