金曜ロードショーで「魔女の宅急便」が放送され録画して見ました

金曜ロードショーで「魔女の宅急便」が放送され録画して見ました。高校時代からもう何度見たことか分からないほどいつ見ても楽しく面白い夢のある作品です。主人公のキキの魅力とかわいらしさに本当に惹かれます。魔女として生まれてきてしまったための掟である13歳になると旅に出るといったものに対して前向きに挑む姿勢は見ている私にとっていつも元気をもらっています。

そしてキキの最大の特徴としては出会った人たちが皆キキを好きになり何とかしてあげたい気にさせる女の子です。それは魔女として純心に生きていく姿にあると思います。それがあるからこそパン屋で世話をするおそのさんも親身に面倒を見てくれるし、森で出会ったウルスラもキキに会いに来ます。このウルスラは原作には登場しないジブリならではのオリジナルキャラらしく飛べなくなって息詰まったキキに活力を与えてくれます。

ウルスラも絵を描いている時突然描けなくなる症状になることもあるらしくキキのこの境遇と自分をリンクさせて何とか力になってあげたいという姿勢に感動させられます。しかも全く暗い感じでなく明るく接してくれのがこの物語のいいところです。この作品は未来永劫消えることのない名作だということを改めて感じさせてくれました。