二日酔いにならないようにするには!

歓送迎会や忘年会、新年会など、職場の上司や同僚とお酒を飲むと、翌日の仕事に影響しないように「控えよう」と思っても、飲み過ぎてしまい二日酔いに悩まされます。 二日酔い予防の対策講じ、美味しいお酒を飲みながら楽しい時間を過ごしたいものです。

空腹の状態でお酒を飲むと、アルコールが吸収されるスピードが速まり、肝臓が分解できる能力に追いつけず二日酔いを引き起こしてしまいます。 軽く何かを食べて胃に食べ物がある状態でお酒を飲み始めると、アルコールが緩やかに吸収され、二日酔いの予防になります。 食べる時間がないときでも、肝臓の働きを高めるタウリンが含まれている栄養ドリンクを飲むと、二日酔いの予防に効果があります。

さらに、お酒を飲みながら水分補給することも二日酔いの予防になります。 アルコールには利尿作用があり、お酒を飲むと体内の水分量が少なくなってしまいます。 アルコールの分解に不可欠な水分が不足すると二日酔いを引き起こしてしまいます。 アルコールが吸収されるスピードが速まってしまう炭酸飲料やジュースは避け、水を飲むことを心がけましょう。

お酒を飲む前や飲んでいるときも二日酔いにならない行動を心がけ、上司や同僚と楽しく美味しいお酒を飲みましょう。