子供の通知表、あゆみの受け止め方

我が子が、終業式に二学期の通知表のあゆみを持ち帰りました。

これは、学校の生活と学習についての本人の評価を表すものです。

あれこれ変わったとはいえ、つまりは私たちの頃の通知表ですよね。

小学一年生の一学期は、評価はできる、もう少しの二段階だったものが二学期には三段階になると知っていましたので、それについては受け止める覚悟をしていました。

だって、よく出来る、出来る、もう少しの三段階って、もう少しの項目さえあまりなければそれほどは気にしなくていいかなと思えるのです。

それに、たとえもしもう少しが多くても、そんなのは先生がクラスのみんなを見てる中でこの子はこういう子だなとかいう先入観も出来てきてるはずなのです。

その影響が出てる可能性は大なので、決してそれを鵜呑みにしてはならないと思うのです。

だから、あゆみの評価は先生の主観入るから基本的には気にしなくて良いのだと思いたいんです。

私としては、小学生になって、親の思ってるよりも本人が頑張ってるので、それについて認めてくれてたら良いなあとそれだけは望んでます。

そこさえちゃんと見てもらえていたらもう御の字なので、私はあゆみの評価は先生は我が子をそういう風に見ていたのか、という確認でしかないのです。