私が普段遊んでいるゲーム達の転機

普段私は空き時間や夜などにゲームをしています。40代ですが、ゲームは未だに辞めることがなく、ゲームが昔より増えています。こうなってしまったのは私の幼少時代、親が厳しく、ゲーム自体が禁止だったので買ってもらえず、仕方なく友人宅でゲームをしていました。

ゲームをしたい夢がだんだんと膨らんでいき、私が社会人になった26歳の時ゲーム機を初めて買いました。ここから私のゲーム人生が始まります。ゲーム機を買ってした時は感動で涙が出るほどうれしくて、これをきっかけにゲーム機を合計7台買うことになります。ゲームマニアではなく、純粋にゲームがしたいという思いで、ゲームを買っていました。

26から40歳までTVゲームを持っていました。しかし途中でハードの転機が訪れます。30代前半まではTVゲームで良かったのですが、30代後半になってもうそろそろTVゲームは辞めようと決意しました。40代前半の時、PS4が出てきて、一旦は辞めようと思いましたが、PS4を買おうかと悩んでいました。

しかし、ゲームの夢は諦めませんでした。そうハードを変えようと思ったのです。当時私はパソコンも持っていて、ゲームもちょこちょこしていました。今使っているパソコンを自作しようと思い、早速自作のゲーミングパソコンを制作しました。制作期間は1日で仕上げ、あとはゲームを入れるだけです。

ゲームのクオリティはTVゲーム機より断然パソコンのほうが綺麗。PS4が5万円近くするのであれば、どうせ買うのならクオリティの高いパソコンが同じ値段ぐらいでできました。ゲームの種類は断然パソコンで、今はメディアではなく、ダウンロードが普通です。ゲームはすべてゲーム管理サイトがあり、そこでダウンロードからセーブまで一括管理しています。

結果、今でもゲームは続けていて、ソフトもTVゲーム時代の時より増えました。ハードはパソコンに替えて正解でした。パソコンはこれからもゲームと仕事にと私には必需品といえます。